東京都に令和3年度予算要望を提出しました

東京都議会自由民主党を通じて、令和3年度予算について以下の要望をいたしました。

Ⅰ. 母子保健事業に必要な経費の助成について
1.新型コロナウィルス感染拡大下において、ニーズが増加している産後ケア事業の受入施設等への支援体制を強化していただきたい。(新規)

 

Ⅱ. 助産所における安全で安心な分娩のための整備について

1.助産所で妊婦・産婦健康診査受診票を使用できるよう整備されたい。

2.東京都内の産科医師に嘱託医及び嘱託医療機関(連携医療機関)を引き受けていただけるよう整備されたい。

 

Ⅲ. 助産師養成に必要な経費の助成及び実習施設の確保について

1.実習施設確保費用及び実習指導教員確保のための費用を助成されたい。

2.都立病院等の実習生の受け入れ枠を拡大されたい。

 

Ⅳ. 慢性的な保育士不足解消に必要な経費の助成について

1.保育士の質の確保及び向上・職員に格差の生じない処遇改善及び人材確保につながる補助金制度の堅持と充実をされたい。

(令和2年9月1日提出)